« 標高800m | トップページ | またまた標高1000m »

2022年4月 3日 (日)

標高1000m

今季2回目の南アルプス入口の渓は

巨岩~退渓ポイント上流のザレ場まで。

前回は春の訪れを感じる暖かな陽気でしたが

Dsc_1888

Dsc_1889

またまた冬に逆戻り。

今日はマジ釣れるかな?と不安を抱きながら

Dsc_1895

・・・余分な心配は必要無かった様で。

1648937813424

でもこんな感じなので手は悴みます。

Dsc_1900

Dsc_1925

7~8寸半のが15尾迄数え後は覚えが無い程に

予想を上回る釣れ具合。

Dsc_1916

よねさん@鱒美さんの言うイワナの細道の渓の源頭。

ココから更に上に詰め

Dsc_1887

Dsc_1903

Dsc_1921

・・・こんな感じで数を伸ばし

Dsc_1913

パンパカパ~ン!と待望の尺も交じり納竿。

Dsc_1931

車に戻る頃には暖かくなりカエル達も大忙し。

 

今回の釣行はSAURUSのシンキングミノーの

スパシン新色の試し釣りと最近の流行り?

ラバーネットの使い勝手を確認。

ルアーは鈎が付いてれば釣れるのでどうでも

よいのですがコノ手のラバーネットはフックの

絡みを外すのに慣れがいるかな?

また絵を撮る時に柔軟性が無いので網の表に

魚を出すのに苦労する。

以前、管釣ネットを使った時は網の目が大きいので

ルアーが目穴から裏側に抜け落ちる。

細めのクレモナでコートした網は無いのだろうか?

有ったらどんな使用感か試してみたい。

掬った魚のダメージを軽減すると言われるので

今後はこの手のネットに移行していくと

思われますがそのビジュアルと絵を撮る時の映えは

まだ私の感覚的に受入る迄には時間が掛かりそう・・・

 

次回コノ渓に来る時は標高1500mがスタート地点かな?

歩きはキツイけど楽しみです!(^^♪

 

|

« 標高800m | トップページ | またまた標高1000m »

コメント

4月に入って強烈な寒の戻りがありましたが、もう2回目の出撃でしたか。
雪と氷の中でも、イワナは元気に迎えてくれたんですね。
とにかく、さっそくの尺イワナおめでとうございました。
自分もそろそろ山岳アタックに挑戦ですが、どこまで歩けるかなぁ。
ところで、ラバーネットって魚体を傷つけなくて好いのですが、写真映りは今一つのような感じがします。
フライの場合は、ラバーネットは絡まりが気になりませんが、クレモナだと大変になることが結構ありますよ。
それでも愛用していますけど。

投稿: よねさん@鱒美 | 2022年4月 7日 (木) 08時37分

よねさん@鱒美さん
前回は解禁空けての最初の週末でしたが
陽気は春の訪れを感じましたが今回は
一転冬に戻ったと思えるほどでした。
流れの底まで日が差込むと動きはスロー
でしたが活性は高く感じました。
ラバーネットも今以上に普及すればもっと
使い勝手やビジュアル的に私にも受入れ
られるモノが出て来ると思います。
PEラインも最初は特性が分からずトラブル
続きでした。
魚の為にはラバーネットかもしれませんが
自分的に折角の出会いの魚をお気に入りの
ネットと一緒に撮りたい気持ちがありますね。

投稿: KEN2 | 2022年4月 8日 (金) 04時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 標高800m | トップページ | またまた標高1000m »