偶には違う釣りも

2回目のコロナワクチン接種後に体調が良ければ

どこか釣りに行きたいと思いフライマンのよねさんに

オファーの連絡をしてみた。

するとよねさんも2回目の接種で私と同じ思い

だったらしく土曜日の朝に起きた時ら体調確認の

連絡をしてお互い良好なら行きましょうとなり

翌朝は私もよねさんも副反応ナシで決行となった。

 

よねさんの御膝元の渓へ向かうと先行者の車ナシ!

小雨降る渓は雰囲気が良くこりゃあ~貰ったねっと期待大!

1631531849495

今回は違う釣りも良いかな?と・・・フライでぇ。

Dsc_1358

するとよねさんはテンカラで行くよと。

久しぶりのフライなのでよねさんは私を

先行させてくれたのですが午前中の渓では

2回魚のアタックが有っただけでよねさんは

数尾キャッチしてました。

 

午後の渓へ移動しながらお昼ご飯を食べ入渓。

午後も少ない魚の反応をよねさんはシッカリと

キャッチするのですが私は合わせのタイミングが

合わず早合わせやすっぽ抜けとチャンスをモノに

出来ない中でようやく乗った!

1631531849568

Dsc_1361

よねさんから頂いた黒パラで「ちびあまご」

この後も合わせのタイミングが掴めず結局この1尾で

魚より枝を釣った数の方が多かったです。(;^_^A

Dsc_1360

この背中を見てるとフライは良く釣れるなぁ~と

思って仕舞いがちですがとんでもない勘違い!

これからも沢山いろいろ勉強させて頂きます。

毎度の事ながら釣り場までの行き来の運転

ありがとう御座いました。m(__)m

 

 

 

 

| | コメント (2)

2021年9月 7日 (火)

消化不良の聖地釣行

中部横断自動車道が全線開通で山梨・長野への

アクセスも快適となり以前はフライのイワナの

聖地とも言われたフィールドの源流域へ出かけた。

気の合う仲間と合流して渓割し久々の支流へ入渓。

Dsc_1342

チョッと渇水気味でイワナの反応がイマイチ。

Dsc_1340

先行のspoonist氏もイワナの反応の少なさに

首を傾げアノ手コノ手とやってみるが厳しい。

私は最近カメラの代わりにスマホを使ってるのですが

充電がシッカリ出来てなく電池切れで車に戻る迄は

充電できず画像無し。

イワナの反応が悪いのはコノ時期にポカーンと何しても

反応が悪い時期が有るけどソレなのか?

夕方までみっちりやったけどふたりとも1尾。

他の仲間も同じ様でイワナの反応は悪かったです。

Dsc_1345

貧果を忘れさせるには仲間との夜会が一番!

夜な夜なと更けて就寝。

翌朝は昨日と違うメンバーと組み本流源流域へ。

Dsc_1348

入渓したけどやはりイワナの反応は悪く同行の

メンバーが尺上を1尾で私は先日よりもおチビな

イワナ一尾で終了。

Dsc_1349

釣果としては消化不良でしたが仲間との楽しい

聖地釣行でした。(^^♪

 

| | コメント (4)

2021年8月24日 (火)

鮎沢川でアマゴを釣ること。

釣行前日にコロナワクチン接種を受けカコナール投薬。

朝早めに起きて体調が良さそうなので出撃!

とは言っても緊急自治宣言が発令されチョッと

気が引けながらも現着して放流を手伝い実釣開始。

今回のアマゴはとにかくデカイ!

そしてナカナカ釣れない。

サクッと1尾釣って帰る予定だったけど

お昼過ぎてもやっぱり釣れない。

一緒に釣りしてたspoonist氏は48㎝を釣り上げた。

森もっチャンはタイムUPであえなく退散。

昼飯返上で頑張ったら・・・

Dsc_1324

やっとこさぁ。。。43㎝

Dsc_1333

やっと帰れる。。。(;^_^A

寝坊してお昼頃に来たあいちゃんは

この後40㎝を釣り上げた。

ろくに写真も撮る余裕もなく久しぶりに

追い詰められた釣行でした。

 

 

| | コメント (2)

2021年8月12日 (木)

2021 西湖キャンプ

キャンプ初日は台風の影響で設営できず

買出しと釣り合宿準備とし翌2日目は快晴で

無事に設営していつも通りのキャンプがスタート。

Dsc_1287 

富士吉田のマーケットでも私が好きな

富士宮焼きそばが販売されてので

Dsc_1293

「マルモ」の麺に「荒川製麺」のソース。

釣り強化練習の前夜は定番の?

Dsc_1292 

コロナで乾杯。

今年も娘は不参加ですが夫婦ふたりでイワナ釣りへ。

Dsc_1295

吊り橋は苦手の様でおっかなびっくり。

Dsc_1306

Dsc_1305

イワナをロックオン!

Dsc_1304

Dsc_1313

してヤッタリ!5尾キャッチしたところで

私もロッドを取り出して

Dsc_1312

怒涛の追い上げでツ抜けUPしかしサイズは8寸止り。( ノД`)

退渓では先輩よねさんの車が!(ニアミス)

サイトに戻り買い足したビールを入れて貰った袋には

Dsc_1322

いつかは出会ったみたい「クニマス」のプリント。

Dsc_1289

今年は案山子の家族は居なかったですが

釣り合宿のキャンプは楽しめました。(^^♪    

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2021年7月25日 (日)

コッチの南ア入口の渓

世間一般では4連休ですが私は普通に土日休みで

それも夜勤明け。

何処の渓へ行っても釣人だらけで連日

釣られ捲られナカナカ釣れないかな?と

思いながらも先輩フライマンのよねさんと

ご一緒して頂き渓に着くと予想通り釣人や

キャンプの車が。

Dsc_1251

車泊の釣人に断りを得て早速入渓してよねさんに

教えられた通りの場所にルアーを投げると・・・

Dsc_1247

この日お初のイワナ。

入渓して直ぐの枝沢に入りよねさんにアマゴが釣れ

私のも・・・

Dsc_1256

キレイなアマゴが釣れました。

本筋に戻り堰堤迄釣り上って行きます。

Dsc_1264

Dsc_1254

Dsc_1267

Dsc_1271

私もよねさんも飽きない程度に釣れました。

 

お昼ご飯を食べ午後は堰堤から取水まで。

釣りでは無いグループが楽しそうに私達の

前を通って行き何処へ?

Dsc_1277

午後はナンかルアーもフライも反応が少なく・・・

Dsc_1274

でもよねさんは順調に釣って行きます。

私は追いが有るけどバイトまで至らず針掛かりも

浅くバラシ続き。

よねさんが「コノ足跡は未だ濡れてるから新しいぞ!

先行者がいるな?」と暫く遡行すると先ほどの釣りだは無い

グループが下って来た。(バックパック?)

流れの中を歩いて来られてるけど釣りでは無いので

退渓場所まで遡行し・・・

Dsc_1276

Dsc_1278

Dsc_1282

バラシが多かったですがボチボチ釣れました。

退渓し最後に本流との出合いでちびイワナ追加で終了。

足跡だらけの割には数はツ抜けれました。

雷予報もありましたが天候には恵まれ良い釣りが出来ました。

Dsc_1260

よねさん、釣行コーディネート・行き来の運転と

大変お世話になりありがとう御座いました。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2021年7月19日 (月)

「続・バスに乗り遅れるな」

先週に引き続き南アルプスへテン泊チャレンジ。

御殿場のS氏とバスに乗ってイワナ釣りの計画をして

5年位になるのかな?昨年・一昨年とバスの運行が無く

お預けでした。

Dsc_1201

S氏の都合も有り2番バスに乗り込みます。

Dsc_1202

天気は快晴で空気が旨い。

Dsc_1205

私とS氏の2世帯住宅を設営し泊まり込みの漁協の

監視員に釣場の状況情報を教えて頂き昼飯を

食べてから流れに立つ。

Dsc_1214

私達が釣り始めると残念な事に左岸に5人程のパーティーが

50mも無い先へ入渓したけどココはスーツ・サンダルでも

気軽に来れると言われるしコロナの影響も有り釣りを始め

アウトドアブームで色んな人が居るので気にしない事にして

その後を右岸をS氏先行で釣って行きますが先行者達は

ロッドが曲がらずでも・・・

Dsc_1210

おチビちゃんですが速攻釣れました。

Dsc_1212

Dsc_1224

Dsc_1222

S氏ともに順調に数を伸ばし・・・

Dsc_1218

ふたりの今日イチのツーショット。

Dsc_1230

この先の赤パイプ迄行こうと思いましたがその手前まで

釣り上がり帰りのバスも無くなりコノ時間からは登って来る

釣人居ないでしょうという事で釣下り・・・

Dsc_1233

Dsc_1226

こんな感じでテン場近くまで戻って来た頃には

ふたりとも20尾位釣る事が出来て釣人だらけの

割には釣れたのでは?他の釣人にはどうだったか

敢て聞かずに良い釣りが出来た事にしておこうと

思っていたらアクシデント!S氏が浮岩でバランスを

崩し肉離れで終了。

Dsc_1239

傷痍アングラーS氏とテン場居酒屋の開店。

翌日は釣り無しで夜な夜な会議。

Dsc_1241 

朝早く早く起きたけど釣りはしないでゆっくり

撤収パッキングしながら朝・昼飯を食べ下山。

Dsc_1229

次回のテン泊釣行は何時かな?と思いながら

バスから降りたら暑さで体が溶けそうでした。

 

 

| | コメント (2)

2021年7月13日 (火)

「バスに乗り遅れるな」

開高健の最後の釣行記のタイトルになろう?

「バスに乗り遅れるな」のバス釣りでは無く

南ア登山バスの一番バスに乗り遅れない事。

HPで運行時間を確認して自宅を出発したのですが

前日からの登山・釣人の車で満車。

本流は高水傾向で濁りも有りバスに乗るか

悩んでいたけど何時まで経ってもバスが来ない!?

バス停に置いてある今年度の運行パンフを見ると

私がHPで確認した期間・時間と違っており3時間も

待たされる事になる。

テン泊の予定だけど水況と月曜日の天候も余り良くないので

初日は南ア入口の渓で釣りすることに変更。

Dsc_1170

本流に比べたら濁りは無いけど高水で流れは真っ白。

状況的に厳しい釣りになるかな?と思ったら

Dsc_1179-2

ハイ!こんにちは。

Dsc_1161

Dsc_1165

Dsc_1155

思ったよりイワナの反応は良く

Dsc_1157

ひとつのポイントから複数釣れる所も!

いつもながら偶然の釣果だけど

Dsc_1175

マイブームのTOPプラグでも!

そしてSAURUS仲間の作ったテストサンプル

Dsc_1182

「ガンロン55」でも。

サイズは8寸ほどでしたが数はツ抜け渓の

状況からしたら思ったより好釣でした。

 

テン泊の予定だったので南ア入口の渓から最寄りの

渓で翌日の天候が良い所が無いかな?とチョッと早めに

釣り上がり日帰り温泉に浸かりながら調べ

テン泊で用意した食料&買足で車泊に変更し

Dsc_1061-2

高原野菜の白樺の森の渓へ。

日曜日には沢山の釣人が訪れたと直ぐに分かるほど

渓には沢山の踏み跡でコレまた厳しい釣りが予想され

ソレは的中し追いは見られるけどフッキングまで至らず

その殆どが5寸程の恐れを知らないおチビちゃん。

Dsc_1198

RRCルアーでも厳し~ぃ・・・という事で

敢て入渓が困難な区間へ移動したら

Dsc_1184

意図も簡単にサイズUP!

Dsc_1187

7~8寸サイズが飽きない程度に出て来る。

区間最終の大滝の手前のプールで尺2寸は有りそうなのは

喰わせ切れなかったけど

Dsc_1189

9寸位の良型が釣れ終了。

 

予定したバスに乗ってテン泊釣行はお預けに

なりましたが終わってみれば楽しい釣行でした。

 

| | コメント (2)

2021年6月26日 (土)

ブラウントラウトを釣ること。

小さいオッサンが良型ブラウンを釣ったと連絡を貰ってから

2度ほどブラウンの渓へ行ってみたけど

Dsc_0985

単独ではこのサイズまでしか釣れ~ないので・・・

Dsc_1142

今回はちいさいオッサンに同行して頂いた。

ブラウンが釣れ易い条件が有るけど今回は

余り川況が良くない為どうなることやら。

Dsc_1129

先ずはアマゴの御挨拶。

アマゴ・カワムツは釣れるのですが

Dsc_1144

本命のコンタクトは無く・・・

ガイドのちいさいオッサンも今日は今までの様には

行かないみたいです。

色々と手品を変えてはみるけど反応が無く

Dsc_1147

カモシカさんが私を哀れんでるかの様な眼差しで。

アマゴに浮気せずブレずに通してたら・・・

Dsc_1131

サイズはともあれ本命のブラウン。

ちいさいオッサンはブラウンはブラウンを

バラシて終了。

Dsc_1143

タイミングを見てリベンジ戦ですね。

 

 

| | コメント (2)

2021年6月22日 (火)

やっぱりブラウニーで釣りたい

鮎沢川6月の追加放流へフライマンの先輩の

よねさん、goo^さん、カズさんのジョイント。

現地集合という事で先に到着した私はアマゴの

放流のお手伝い。

Dsc_1111

鮎沢川を愛するボランティアの仲間達。

今回はメンバーも多く釣りする余力が残ったぁ!

Dsc_1113

40オーバーの大アマゴ!

サツキと思えるほどのコンなのが!

 

放流のお手伝いの特権!?

myポイントを作り合流した先輩達を

案内して私も釣り開始。

ガッツリとアマゴを放流した場所は先輩達に

私は放流して短い時間では有るが散ったアマゴを

ブラウニートランで誘う。

Dsc_1118

Dsc_1115

トランでナカナカの美形のアマゴ。

 

よねさんはフライとテンカラで、goo^さんはウエットで。

カズさんはオレンジのストリーマーで

バラシたと聞き残念。

 

放流後の散ったアマゴの釣査をしながら

myポイント付近を更に探って。

Dsc_1120

1624111112905

今度はブラウニーで。

よねさん、いつも画像ありがとう御座います。

 

その後、ポイントを移動しましたが天候も悪い事もあり

フライの反応は悪い様で放流されたアマゴの反応は無く

稚魚放流モノ?のアマゴがフライで釣れただけでした。

今回は散ったアマゴ釣査的な事をしてたので先輩達の

画像を撮る余裕が無くスミマセンでした。(;^_^A

またリベンジマッチしましょうね。

 

翌日は当日に合流した仲間にアマゴを任せ

私は前回、ミノーの#12フックをグチャグチャにされた

この水系のワイルドレインボーのリベンジマッチ!

spoonist杉山氏の事前釣査でガイドして頂き

Dsc_1123

サイズは前回より小型ですがパワフルなファイトの

ワイルドなレインボーを釣らせて頂きました。

チョッと気にかかる事は虹鱒に追いやられヤマメ・アマゴが

少なくなった感じでした。

鮎沢川も鬼アマゴで知名度が上がり多くの釣人が

訪れる様になり増々盛り上がる事を期待したいですね。

 

 

 

| | コメント (2)

2021年6月13日 (日)

コッチの南アに忘れ物を。

先週に引き続き今週もコッチの南アに忘れ物を・・・

今回も先輩フライマンのよねさん@鱒美さんにお願いし

同行して頂きました。

5年前に連れてきて頂いた時は渓の規模としては

良型35・37のイワナを釣らせて貰った。

今回もその時と同じ付近から釣り開始。

Dsc_1096

こんな浅いチャラ瀬ですが5年前は一発目から

35㎝が釣れたのです。

でも今回は・・・

Dsc_1090

そうは問屋が卸さない!?…(;^_^A

Dsc_1095

開けた区間をよねさんと釣り上がって行くと・・・

Dsc_1098

ダブルヒット!

 

今回の釣行のタックルにはチョッと拘ったセレクト。

「達人のテクニック」と言う本の中にRRCルアーと

ミッチェル&フェンウィックの挿絵が有り当時の

達人には程遠い私の腕試し。

Dsc_1099

ブラウニーなどミノーでの反応も良かったのですが

渓が深くなってきた区間からバラシが多くなって来た。

あるあるの良型に限って手元まで来てバラス。

原因は色々有るのですがイワナの動き・活性に合って

無いリトリーブスピードと思われる。

しかし遅くすると見切られたりルアーとイワナとの

距離が縮まらず喰わせのタイミングを見計らうなど

修正をしていくのですが思う様にならず数はツ抜けてる

のですが試行錯誤してる内に37が釣れた滝に・・・

Dsc_0998_20210613070401

9寸は有るか!?の良型をバラすぅ。。。( ノД`)

よねさんも9寸は有ろう良型を見てた私も悔しく思えた

痛恨のラインブレイクと。

 

滝の上からの区間からはRRCルアーで・・・

Dsc_1106

Dsc_1107

次から次へと7寸クラスが簡単にツ抜け1か所から

3尾も釣れたりとバラシの修正が出来たと言うより

もRRCルアーの性能で釣れた感でした。

 

良型のバラシ・釣落しと忘れ物の釣行でしたが

実は先週の釣行での忘れ物が・・・

Dsc_1110

この帽子なのですがゲート付近での帰り支度で

しまい忘れ今週末の釣り支度をしてる時に気付き

ゲート管理室に問い合わせたら預かってくれてる

との事で嬉しかったです。

そんな忘れ物釣行にご一緒して頂いたよねさんには

行き来の運転もして貰い夜勤明けには大変助かりました。

どうも有難う御座いました。m(__)m

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

«白樺の森の中でイワナを釣ること。