天竜川C&R 富山のSAURUS仲間のリベンジ

この週末は富山のSAURUS仲間のヤゴケンさんのリベンジマッチ。

彼は現在、単身赴任で名古屋勤務となり富山の自宅との

行き来がありタイミング良く一緒に釣りに行ける機会が無く

今回はひと月前からエリアの放流日に合わせ日程を組んだ。

昨シーズンはダム放水と早朝から鵜の猛攻でまさかの無魚。

今回はそのリベンジマッチとなった。

 

釣座に付いて早々2バラシの後・・・

Dsc_0402

岩に座って釣り始めたと思ったら待望のヒット!

 

故則弘祐を北陸の渓流へ案内してるだけあり

気持ちに余裕があるのか?

周囲の釣るぞビームを発してる鼻息の荒い

釣人とはチト雰囲気が違う。

彼は2尾釣っただけでお腹いっぱいと言い出し

竿を置いて彼の釣りを見ていた私に

お昼の富士宮焼きそばを食べたいと言い出したが

ソレはお昼までのお楽しみに置いといて

瀬の中の釣りを案内した。

 

彼も私も瀬の中でそれなりに釣り

私に不意の大型がヒット!

Dsc_0408

1831

60チョッと下回る鰐の様な厳ついヤツ。

 

また地元SAURUS仲間に前回の私に続く

例の赤いの・・・

1834

今日はふたりの仲間が二人とも釣れました。

 

ヤゴケンさん待望のお昼ご飯は富士宮焼きそば。

さのめんの黒麺に肉カス、豚バラ、キャベツに

トッピングはイカと干しサクラエビ。

Dsc_0413

ふたり分には量がチョッと多かったかな?

 

午後の部はベイトタックルからスピニングタックルへ

タックル変更し第一プール下流方面へ。

Dsc_0420

Dsc_0417

ロッド・スーパーパルサー FWS55L/C

リール・ダイヤモンド マイコンSS

ルアー・ダイワ バルサミノー7F

渓流釣りにはFWS55UL/Cを多用しますが

ミノーイングはLの方が操作性が良く大型虹鱒の

対応で久しぶりの登板でした。

ヤゴケンさんもグランド前まで釣りをして

ゲップが出るほど釣りをしたという事で

帰りの名古屋市内の渋滞も考慮して早めの納竿。

先輩のよねさん、goo^さん、カズさんも見えられ

挨拶もチャンと出来ませんでしたが次回お会いした時は

宜しくお願い致します。

 

 

 

| | コメント (2)

2020年11月22日 (日)

チョッと大き目が良いみたいな?

最近は冬季釣場に使ってるルアーは5㎝が多いのですが

今年は時期の割に暖かいのが影響か?

 

天竜川C&R

Dsc_0372

Dsc_0369

Dsc_0375

7㎝のミノーの反応が意外に多く

Dsc_0383

ルアーが大きくなった分、口の大きいのも!?

 

続いて潤井川冬季もルアーが大き目が良かったので

Dsc_0385

黒面大盛りトッピングにイカに挑みましたが

チョッと大き目(大盛りのみ)が良かった様で

胃に来ました。(;^_^A

 

今回の釣行はSAURUS仲間に新しいメンバーが。

Dsc_0394

私はガイドに徹して?前回の釣行での経験を

彼にレクチャーして・・・

Dsc_0390

サイズはチョッと大き目?見事キャッチ!

 

Dsc_0393

今晩のお供もSAURUS。

SAURUS好きな私もこんなワインがのが

有ったなんて知りませんでした。(^^♪

 

 

 

| | コメント (2)

2020年11月 8日 (日)

2020 セカンドシーズン

今年も台風や大雨で各地河川は大増水の影響で

私のよく行くフィールドも大分流れが変わり

またメインフィールドの天竜川C&Rまで行く

R153は崖崩れトンネル崩壊で迂回ルートで

向かう事に・・・

Dsc_0339

迂回ルートで出会ったカモシカ。

今季は色んな野生動物に出会うかも。

 

中島に着くと基本的な流れは変わってないけど

第一プールの瀬や開きは地形が変わり

更に全体的に浅くなってました。

 

開幕初日は当然釣客も多くゆっくり来たので

駐車スペースもいっぱいでナントか車を停めれた感じ。

 

入るスペースも仲間が居たので割込ませて貰い・・・

Dsc_0341

今季お初のC&Rの虹鱒。

 

Dsc_0342

仲間のモリもっちゃんも!

 

Dsc_0352

この日の1番の60クラス。

 

Dsc_0350

SAURUS仲間のガンちゃんから送られてきた

今度発売されると思われる試作ロッドで50クラス。

数もツ抜け先ず先ずの天竜川C&R開幕でした。

 

 

続いて翌週は潤井川冬季釣場。

区間も拡張されたお陰か?

以外に釣人は少なく感じました。

Dsc_0357

ココからスタート!

左岸側のランがお気に入り。

この瀬の肩から・・・

Dsc_0356

潤井川冬季のお初の虹鱒。

 

Dsc_0362

左側のランを下流の堰堤迄を釣り下り夜勤明け徹夜の為か?

大型のバラシ3回。(;^_^A

修行が足りないのでキャッチ出来るのはレギュラーサイズ。

でも数だけは簡単に?ツ抜けれました。

先輩のよねさん・goo^さんとお会い出来て情報交換。

 

県内東部で新たな冬季釣場も増えセカンドシーズンが

ますます楽しくなりそうです。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年10月25日 (日)

10月の釣り

一般渓流の渓流シーズンが終わり冬季釣場が

スタートする迄のひと月の釣り。

 

地元天竜川は本流の一部は周年釣りが出来ますが

その中でも支流の渓流は10月まで釣りが出来るので。

Pa050406

春に尺上の追いが有った区間に入渓。

いつもなら一発で見切られるのですが

Pa170712

2投目で8寸半位。

 

翌週はもう少し上流の区間に入渓。

Pa050621

たいして水深の無いチャラ瀬から

 20181020_075639_20201025131501

コレは1投目で7寸位。

 

 

そして初めての芝川特定区。

Dsc_0322

漁協情報では70クラスも!?とかで。

Dsc_0315

お初はチビ虹。

Dsc_0318

区間最後の堰堤下で70には届きませんでしたが

ジャスト60。

 

コロナ休みの煽りで土曜日が仕事になり

日曜日のみの釣行が暫く続きますが

偶には土曜日に出撃したいな~。

 

 

  

 

| | コメント (3)

2020年9月 6日 (日)

釣人が少ない代わりに魚も少ない

9月はコロナ休みで土曜日は全て振替出勤。(;^_^A

そんな中で今週は土日休みで序でに

金曜日も休みを頂き3連休。

最近混雑する南アルプス入り口の渓も

平日なら空いてるのではと出撃。

Dsc_0213

ゲート前に一番乗り。

でも流れを見ると渇水。。。( ;∀;)

激戦区から入渓し追いは見られるが

Uターン・ショートバイトで中々キャッチできず

Dsc_0282

大岩が有る付近からヤッと6寸位。

期待していた細い流れも涸れシブイ本流を

虱潰しにルアーを投げ入れるけどフッキングまで

至る所までいかずいつもより深くユックリとを

意識してみると

20190531_071925

反応が良くなりやっと思う様にフッキング。

本流は退渓まで8寸弱を頭に8尾と振るわなかったけど

支流では短い区間ですが8寸位のを頭に5尾釣れました。

20180512_104108

本流より短い支流の方が反応が良かったので

救いでした。

しかし貸し切り?でこの釣果はなぁ~

 

土曜日は早起き出来たら釣りに行こうとしてましたが

早起きは出来ず日曜日は地元の渓でチョコっと釣り。

20171028_152721

おチビちゃんに遊んで貰いました。

残りひと月になったシーズンも今後の台風などの

影響が少ない事を願いたいですね。

 

 

 

| | コメント (2)

2020年8月17日 (月)

激アツ大アマゴ

西湖キャンプから戻り人間ドックを受診して

盆休みの〆は大アマゴの里川。

AM10:00にして水温は18℃厳しい釣りになりそう。。。

支流や沢の合流・流れ込みの水温が低いと思われる場所を

丁寧に攻めると・・・

Dsc_0272

45は無いけど確実に40UP。

新調したgoo^ネット入魂!

気持ちも落ち着き昼ご飯を食べ午後の部は

とにかく暑く2時半でギブアップ。

その間に頭に水を4回かぶりましたがクールダウン

出来ませんでした。

夜は里川の仲間たちとチクリと。

 

 

翌朝・・・釣り人の朝は早い!? 寝坊 (;^_^A

AM4:30  急いで支度をして里川に向かえば沢山の釣り人!

完全に乗り遅れた感いっぱいの気持ちを切り替え

集団から離れ流れを探る様に攻めると・・・

Dsc_0278

40は無いけど確実に35UP

AM9:00にて気温32℃を確認し釣り上がり。

自宅に戻った最高気温40度オーバーを記録したとかで。。。(;^_^A

気温・アマゴ激アツの盆休みの〆釣行でした。

 

| | コメント (4)

2020年8月16日 (日)

2020 西湖キャンプ

Dsc_0264

今回は子供のオンライン授業とキャンプがバッティング

したので夫婦ふたりで釣り合宿へ行って来ました。

長い梅雨で湖は満水でテントサイトは狭く護岸まで水が

有るので岸釣りが出来ない。

近所の渓流も河口湖の緊急放水も落ち着いた様ですが

平水より20㎝の高水と言う事で南アルプス入り口の渓へ。

Dsc_0220

Dsc_0218

細君の山岳渓流デビュー?

Dsc_0222

Dsc_0231

頑張った釣果6~8寸5尾。

Dsc_0252

私はミノーでツ抜けたので

Dsc_0228

Dsc_0248

管釣TOPプラグで。

 

Dsc_0262

家族全員でのキャンプではなかったけど

楽しめました。

Dsc_0267

来年は家族全員で来たいですね~(^^♪

 

 

| | コメント (2)

2020年8月 3日 (月)

リハビリ釣行

この所の長雨と腰痛でひと月ほど釣りをしてない。

鈍った体を起こす為、高水傾向と予測しての

南アルプスの入り口の渓へ。

 

朝5時にてゲートは満車で発電駐車場に停める。

こんなに沢山の釣り人がこの渓に?

1名ほどトンネルゲート突破も!

 

先行者が居るならと4番からスタート。

高水で流れは切れない、高巻き場所も崩落で

仕方なしに入渓口へトンボ帰り。

 

取水堤した区間は追いも見られず激戦区へ。

 

1級ポイントは叩かれてるだろうと竿抜け狙い。

Dsc_0186

友達が作った48mmのミノーで。

腰痛復帰?の重い体もこの1尾で気持ちは晴れ

思ったより軽やかに遡行し・・・

Dsc_0196

Dsc_0197

Dsc_0200

次々と7~8寸が釣れ同行のspoon nisutさんも

Dsc_0207

順釣に数を上げ良型も!

 

私はツ抜けた所でミノーからTOPプラグへ。

Dsc_0192

管釣り用のポッパーのアンプル・スミスで!

 

再びミノーに戻した所にこの日の最大サイズを

キャッチしネットに魚を入れスマホを取り出すと

目の前をネットが泳いでる!?

ネットに魚の頭側が入り尻尾が出てるので

ネットを被りながら泳いでるのです。

慌ててロッドを手に取り結んであるミノーで

ネットを引っ掛けネットは回収できたのですが

渓流用のgoo^ネットからはみ出るイワナを

画像に収める事が出来なかったのは残念無念。

 

その後も数尾8~9寸クラが釣れたのですが

Img_0002_burst00120200802104259

みな小さく見え。。。(;^_^A

 

ふたりともツ抜けして良いリハビリ釣行でした。

 

 

 

| | コメント (2)

2020年6月 9日 (火)

もう6月ですね。

前回サツキが釣れたポイントへ。

釣友ne-moさんと攻めると「がツン」とヒット!

この引きでサツキなら45UPいやそれ以上!

Dsc_0149

お見えになられたのはシーバス。

そんなサツキは一生掛かっても釣れません。

 

サツキは釣れないけど虹鱒なら沢山釣れると

評判の!?ポイントへ移動。

流れには先日出会った餌釣師の先行者。

話しを聞くと入れ食い。

餌釣ではやれない場所に入らせて貰い速攻ヒット!

Dsc_0152

それから4尾のキャッチ。

サツキが遠いと感じたら虹鱒も良い遊び相手!(^^♪

 

そして又も大アマゴの里川へ。

今回は放流をお手伝いしてからの釣り。

自分で逃がしてソレを釣るってなんか晴れない

気持ちで釣り開始したのですが水温が高いのか

アマゴ達の活性が低く喰いも浅くバレてしまう。

流れに定位した良型を見つけ勝負!

Dsc_0159

ヤットこさの1尾目は40UP。

その後にレギュラー35㎝クラス追加で

午前の部を終了。

昼飯食べてからの午後の部は更に渋く

浅瀬の瀬肩に定位置するアマゴはルアーを

通すとルアーを避ける。

ソッチがそうならコッチもアノ手コノ手を使って!

Dsc_0164

幅広でサツキみたいな40UP。

この後はナントか口を使わせる事が出来たけど

バラシの連続で1尾追加で終了。

 

翌日はノンビリ天竜川へ。

釣友ne-moさんがサツキをバラシたと聞き

現場へ向かい私も一緒に参戦。

ポイントは距離が有るのでスプーンをキャストし

数投するとヒット!

どうせ私に釣れるのはウグイかニゴイと思い

雑に魚を寄せるとサツキ!

正体を見た瞬間に走られバラシ。(;^_^A

昼飯を食べ午後の部はバラシたポイントの

上流の瀬をミノーで攻めるとショートバイトで

又もバラシだけどサツキかどうか?

そのまま釣り下るとまたヒット!

サイズ的にサツキかな?・・・ン!

Dsc_0169

そううまい事は逝かなく虹鱒でした。

サツキシーズンも後半戦になりますが

サツキを追加したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年5月18日 (月)

釣り自粛解除。

外出自粛が解除されましたが予防対策は怠らず

取り敢えず地元天竜川で釣り再開。

釣友ne-moさんといくつかのポイントを回り

Dsc_0085 

アカハラの綺麗なウグイ。

画像は撮り損ねましたが虹鱒・ニゴイなど

また本命サツキのバラシとありと。

そして・・・

Dsc_0100

乗り遅れる事無くサツキに出会えました。

 

昔の伝説大アマゴの渓流を復活させるべく

里川漁協のイベントへ。

Dsc_0114

Dsc_0120

Dsc_0140

Dsc_0131

Dsc_0143

40~30㎝クラスが20尾ほど。

でもこの渓流の本命の流れには一生に1尾釣れるか

どうかの大アマゴが住んでます。

何時かは出会いたいですね。(^^♪

 

 

 

| | コメント (2)

«地元の渓でアマゴ釣りをすること。